戻る

ブドウの仕立て方法

プロヴァンス地方では古くよりゴブレ方式でブドウを栽培してきましたが、ファミーユ・スメールでは全体の畑を少しずつ垣根仕立てに切り替えています。2012年には50ヘクタールの畑でゴブレ方式で栽培されていたブドウを仕立て替えました。

垣根仕立てで栽培することにより:

-この地特有の強風”ミストラル”によるダメージを減らすことが可能になりました。

-枝を持ち上げることで葉の受ける日照面積を広げました。(ブドウが完全に熟すためには最低60,000㎡の葉の面積が必要とされます。)

-摘心作業が一度のみ、シーズン最後に行われるようになりました。


土壌の改良

基本的な考え方として、ブドウの樹が実として私たちに与えてくれるものを樹に返すこととしています。ファミーユ・スメール所有のブドウ畑は全て有機肥料を使用し、"レゾネ農法”( 環境保全型農業または減農薬栽培)で栽培しています。剪定した後の枝や実は破砕された後に畑に戻すことにより、土の栄養素が回復します。


土壌を耕す

3月から5月の暖かい春の訪れと共に畑では様々な雑草が生え始めるため、幅広で浅く耕す"Hirondelle”と呼ばれる農具を使い、土を耕します。

 

5月:発芽

この年のブドウの始まりです。

 

病気との闘い

ブドウの樹を病気から保護する重要な時期です。

主要な脅威として"ベト病”と"粉状のカビ”の2種類あり、リスクが高い時には、持続可能な農業において認可された製品を使用してブドウを守ります。

 

若枝の剪定

ブドウの枝が伸び、広がり始めます。この時にブドウの生成を最大限に促すために、若枝をワイヤーに固定します。

1ヘクタールのブドウの樹のために、60,000 m2の広さの葉が剪定されます。この作業は、生分解可能なコーンスターチで作られたクリップを使って手作業で丁寧に行われます。

 

6月半ば:開花

ブドウにとってもっとも繊細な時期です。

基本的にここから100日後に収穫されます。

 

7月下旬:成熟期

ブドウの実の成熟期になり、色づき始めます。この時期には病気にかかるリスクもなくなります。

 

摘芯

枝の先端をカットし、樹勢過度を抑制し、熟成を良くします。

収穫前の最終作業

ブドウの実が最終的に"締まる”まで見守り続けます。通常7月14日頃に安定し、ようやく病果になる恐れもなくなり、収穫期を待ちます。

 

ブドウには抵抗力もつき、自然のままに実の熟すのを待ちます。ブドウの葉はブドウにとって非常に重要な正に糖分の生成工場といえます。そのため、むやみに実や葉に触れずに、そのまま自然の力で最大限に成熟させます。

 

8月15日前後、ブドウの色も変わり、熟した実の糖度を測ります。

 

植え付けたばかりの若樹

ヴァン・ド・ペイのワイン以外は3年経つまでブドウを使用しません。成熟期前に摘房を行います。

 

樹齢3年の若樹

最初の収穫は全て手作業で収穫します。

収穫 

 

ブドウの仕立て方法によって2種類の収穫方法があります。

 

ゴブレ方式で仕立てられたブドウは手摘みで収穫します。収穫チームは夜明けと共に作業を開始し、暑くなりすぎる前の午後の早い時間に作業を終えます。この方式は元々プロヴァンス地方の伝統的な仕立て方でしたが、現在では垣根仕立てが主流となっています。


垣根仕立てで栽培されたブドウは夜間に最新の選果機能付きの機械で収穫します。(選果機能により98.9%の未熟果を振り落とします。)

収穫機械の導入にあたって社内で議論を重ね、ブドウの樹によっては手摘みでの収穫よりも、高性能の機械によって効率的に高品質のブドウを収穫できると判断し、2010年より導入しました。特にプロヴァンス地方では果実の鮮度を保つことが重要で、更に夜間の適した気温の中での作業ができるようになり、またスピードの向上によりブドウが十分に熟したタイミングで素早く収穫することが可能となりました。

 

収穫後

 

2番目に大事な土を耕すタイミングです。収穫が終わると土壌を耕し、空気を含ませることにより、冬の間の雨が土中に浸み込みやすくなります。"crescent moon" (もしくは "melon slice") と呼ばれる三日月型の深く耕すことが可能な農具を使います。

 

最初のミストラルが吹き、ブドウの葉が落とされ、冬の訪れと新しいサイクルの始まりを迎えます。

Fermer
Vous venez d'ajouter à votre panier :
Total:
Continuer mes achats
Commander
Fermer
Je certifie avoir l'âge légal requis par la législation sur l'alcool
dans mon pays de résidence pour accéder à la vente en ligne
Oui
Non
閉じる
[MESSAGE]
FERMER
HISTOIRE
LES PROPRIÉTÉS
LA VITICULTURE
LES VINS
ACTUALITÉS
GALERIE
< BOUTIQUE
L'abus d'alcool est dangereux pour la santé. A consommer avec modération.

Famille Sumeire, vignerons en Provence


1048, Chemin de Coussin

13530 Trets
Tél : +33- 0442612000

Fax : +33-0442612001


Directeur de publication : Sophie Sumeire Denante


Hébergement : 

Vinium Luxury Webdesign - 3, rue des Corton 21420 Aloxe-Corton
contact@vinium.com - www.vinium.com


Crédit photos : Serge Chapuis - Amélie Lejeune

 

Sumeire Family, winegrowers in Provence


1048, Chemin de Coussin

13530 Trets
Tel: +33 (0)442612000

Fax: +33 (0)442612001



Publication director: Sophie Sumeire Denante


Web hosting: 

Vinium Luxury Webdesign - 3, rue des Corton 21420 Aloxe-Corton

contact@vinium.com - www.vinium.com

 

Photo Credits: Stéphane Chapuis - Amélie Lejeune

閉じる